当サイトで公開している音声は、すべて完全無料です。

「Pornhub でエロASMRを聴くのはよくないよ」という話

コラム

そこのあなた。今、PornhubでエロASMRを聴こうとしてしていましたね?

 

Pornhubに掲載されている、無数の日本産エロASMR。

無料で聴き放題!そのエロさ・クオリティの高さに、海外からの人気も集めていますね。

 

しかし当然のごとく、その大半は不正アップロード。

製品版だろうがサンプルだろうが関係ありません。

 

とは言え、こんなのは誰もが知る常識。

「不正アップロードされた作品」だと、承知の上で利用している方がほとんどでしょう。

 

ですが私は声を高らかに主張し続けます。

「PornhubでエロASMRを視聴してはダメ」と。

 

本記事では「なぜPornhubでエロASMRを視聴してはダメ」なのか、具体的に解説。

 

  • PornhubエロASMR動画は、ほぼすべて不正アップロード
  • 不正アップロードが横行する理由

 

上記3項目について、順序立ててお話させていただきます。

 

本記事を通して「少しでもご覧になった方の心に響けば」と、切に願っております。

興味を持たれた方、ぜひご覧くださいませ。

 

※本記事における語句・用語説明は、わかりやすさを重視した解説となっております。

そのため、正規の表現とは異なる場合もございます。

予めご了承くださいませ。

 

スポンサーリンク
300-60FANZA4

一部を除き、ほぼすべてが不正アップロード

Pornhubにアクセス。

「Japanese asmr」で動画を検索してみます。

 

すると2,000件以上のエロASMR動画がHit。

 

耳舐めボイスやM男向けボイス、映像付きASMRまで・・・

どれも無料で聴き放題!

わくわくドキドキに、心が踊りますね。

 

ですが、お待ちください。

それのほとんどが、不正アップロードされた動画ですよ。

 

pornhub01

 

もちろん「すべての動画」とは言いませんが・・・

 

日本のASMR動画について30件ほどピックアップ。

サムネイルや音声から、アップロード元コンテンツを割り出しました。

 

その結果「調査対象の全動画」が、投稿者とは関わりのないサークルや個人の所有物。

調査件数自体は少ないものの、100%が不正アップロードされた作品でした。

 

すぐにバレないよう、タイトルやサムネイルを偽装している動画も多々あり。

なかなか骨が折れる作業でしたが、意外と特定できるもんだなと (^q^)

Pornhubにおける不正アップロードとは?

まずは、この点について確認しておきましょう。

 

「無断で動画共有サイトに投稿する」という行為自体が、そもそも著作権侵害。

製品版だろうがサンプルだろうが、関係ありません。

不正アップロードとなります。

 

そんじゃあ不正アップロードじゃないのって存在するの?

 

動画の所有者者本人が投稿。

あるいは、所有者の許可を得て投稿

上記の場合はもちろんOK。

 

しかしエロASMRについては、非常に稀なパターン。

 

「本人以外の第三者が」「許可を取らず無断で」

投稿しているのほとんどです。

 

エロASMRの不正アップロードが横行する理由

「自分でコンテンツを作成する手間・費用がかからない」

「儲かる」

上記のような、しごく単純な理由です。

 

さらに問題なのが、アップロード者以外にも収益が発生しうること。

具体的には、動画を紹介しPornhubへ誘導することで収入を得られます。

まさに「楽して稼げる」そんな方法。

 

ここでは不正アップロードで儲ける仕組みについて解説。

 

  • 不正アップロード者
  • 不正アップロード動画の紹介者

 

上記の順に、それぞれご説明いたします。

 

当然ですが、不正アップロードによる収益獲得を推奨する意図はございません。

私自身は積極的に著作権者へ通報し、掲載コンテンツの削除申請を促しております。

 

始めるにしても、結局のところは自己責任。

しかし、確実に「監視の目がある」といことを、お忘れなきよう。

 

また文中には、公開されている情報からの推測を含みます。

 

不正アップロード者の収益

Pornhub には「プログラム」という制度が存在。

これを利用することで、動画投稿者には収入を得ることができます。

 

  • コンテンツパートナープログラム
  • プレミアムビューシェアプログラム
  • モデルパートナープログラム

 

現状では上記3種類のプログラムが存在。

それぞれ、登録要件や収益発生源が異なります。

 

エロASMRの不正アップロードで稼ぐ場合、コンテンツパートナーおよびプレミアムビューシェアプログラム利用するパターンが多いようです。

「動画再生数に応じた収益」および「誘導先サイトでの売上」

これらが投稿者の懐に入ります。

 

ここで一例として、とある投稿者(チャンネル)をご紹介。

 

先ほどご覧いただいた、「japanese asmr」の検索トップページ。

おすすめチャンネルとして強調表示されていた、「JapaneseASMR」チャンネルです。

 

pornhub02

 

投稿済みの動画は計7本。

確認しましたが、やはり不正アップロードされた作品でした。

 

「プレミアムビューシェアプログラム」に登録しているか否か、定かではないのですが・・・

仮に登録している場合、これらの動画がHD画質で再生されるたびに収益が発生します。

 

また、「モデルパートナープログラム」にもなぜか登録できているようで・・・

それにより、チップ(投げ銭)の受け取りも可能に。

 

続きまして、掲載している「自身の運営サイト」にアクセスしてみます。

 

pornhub03

 

広告、広告、至る所に広告・・・

 

広告収入のタイプとして有名なのは、クリック数に応じた「クリック型広告」ですよね。

しかしそれだけでなく、「インプレッション型広告」というタイプも存在。

広告の表示回数に応じて収益が発生する仕組みです。

 

当該サイトの掲載広告がどのタイプかはわかりませんが・・・

いずれにせよ「訪問者数に比例し、収益が増大」するということは確実。

 

またここではあまり触れませんが・・・というより触れたくないのですが・・・

当該サイトには、Pornhubチャンネルとは比べ物にならないほど多数のエロASMRが公開されています。

その中には、私が敬愛する声優さんの作品も。

 

はあ・・・ぶっ潰したい・・・

 

ここで「JapaneseASMR」チャンネルにおける、不正アップロードを利用した稼ぎ方についてまとめておきましょう。

 

  • STEP 1
    Pornhub で視聴者を増やし、収益を上げつつ自サイトへ誘導
  • STEP 2
    豊富なコンテンツをウリに、定期的にサイトへアクセスする「固定層・ファン」を増やす
  • STEP 3
    自サイトにおける掲載広告からの収入が右肩上がり

 

Pornhub に不正アップロードしたエロASMR動画を起点に。

「動画の視聴者が存在する限り、寝てても勝手に金が入る」

このような仕組みとなっています。

 

「Pornhub で真っ当に稼いでいる方が多数存在する」というのも事実。

自身が出演するオリジナル動画を作成・公開。

魅力的なコンテンツを発信することで、収益を得ています。

「YoutuberやVtuberに近い存在かな?」

個人的には、このようなイメージを抱いております。

 

加えてPornhub には、動画紹介者に対する収益プログラムも存在。

これにより、サイト全体として右肩上がりの成長を実現。

不正アップロード者も当然、その恩恵に預かっているわけです。

 

続きまして、この「動画紹介者の収益システム」について解説いたします。

紹介者の収益

Pornhub・YOUPORN・TUBE8などなど・・・

海外の動画共有サイトで利用されているのが「Hub Traffic」。

 

自サイトの訪問者を、各共有サイトへ誘導。

そこでの動画再生数に応じて、報酬が発生するというシステムです。

 

エロ動画・エロASMRを検索すると、必ずと言っていいほど「まとめサイト」が目に入りますよね?

「Hub Traffic」を利用して収益を上げる、代表的な手法です。

 

pornhub-api などを利用し、各共有サイトの動画情報を自動取得。

それをまとめサイトに反映させ、コンテンツの拡充を図ります。

 

掲載されている動画数に比例し、アクセス数も増大。

そんなサイト訪問者をPornhubなどへ誘導することで、収益が発生するわけです。

 

加えてまとめサイト自体にも、広告を設置可能。

これまたアクセス数が増えるほど「クリック数」「表示回数」が増え、収益が増大します。

 

「Hub Traffic の収益」「自サイトの広告収入」

この両方を獲得することが可能となります。

まとめサイトが乱立するのも納得ですよね。

 

全世界のアダルトサイトを取り込むことで、非常にうまいこと機能している「Hub Traffic」。

Pornhubをはじめとする導入サイトは、成長の一途を辿っています。

 

ですが、そこには「見過ごすこのないできない大きな問題点」が存在。

 

それは不正アップロード動画からも紹介による収益が発生すること。

 

そして仮にサイトへ対する削除申請があったとしても、従いさえすれば処罰されないこと。

「すいません、知りませんでした。消しときますね!」

これだけでOKです。

 

  • 不正アップロードで稼げる
  • 不正アップロード動画を紹介するだけでも稼げる。しかもほぼノーリスク。
  • 不正アップロードがどんどん増える

 

言わずもがな、日本のエロASMR作品もこの流れに飲み込まれつつあるのです。

さらに不正アップロードが増えると・・・

冒頭で触れたように、エロASMR関連の不正アップロードは現状「2,000件」程度。

 

検索ワード次第ではもっとHitするとは思いますので・・・

あくまで「参考」として捉えてください。

 

これがさらに増えると・・・

 

  • STEP 1
    製作者の利益減少
  • STEP 2
    販売価格の値上げ
  • STEP 3
    不正アップロード作品の利用者増
  • STEP 4
    エロASMRコンテンツの衰退

 

このような流れになるのは、容易に想像可能。

以下、それぞれの項目についてご説明いたします。

製作者の利益減少

「DLsiteでにおけるダウンロード販売」

この条件でお話させていただきます。

 

現状エロボイスの平均販売価格は、1,100円(税込)。

1,100円の製品だと、販売手数料として50%が差し引かれます。

 

1,100円ー( 1,100円 × 50% ) = 660円

 

さらにここから各種税金が引かれます。

 

エロASMR製作者の収入は、当然ですが「販売数」に依存。

不正アップロードが増加すればするほど、正規購入者が減少。

 

製作者は直接打撃を受けることになります。

販売価格の値上げ

機材代、スタジオ代、ソフトウェア代、人件費などなど。

エロASMR作品の売り上げから、こういった多額の出費を賄っています。

 

私は業界関係者ではないため、具体的な金額は存じ上げませんが・・・

各種公開情報から推測するに、1作品あたり100,000円~300,000円程度かなと。

 

今以上に正規購入者が減れば、現状の価格を維持できるわけもありません。

販売価格が今の2倍程度になるのは、現実的にあり得そうな話です。

さらなる不正アップロード作品の利用者増

現状エロASMRの販売価格は1,000円程度。

セールやクーポンを利用すれば、1,000円未満で購入できる場合も多々あります。

 

手頃でお求めやすい、やさしい値段設計ですが・・・

しかしそれでも、不正アップロード作品の利用者は後を絶ちません。

 

これが値上げしたら、一体どうなると思いますか?

 

今まで不正アップロード作品を利用していた方は、当然そのまま使い続けるでしょう。

「製作者の都合なんか知らんがな。無料で聴けるのに、わざわざ金出すアホおる?」

こんなところでしょうか。

 

しかし、それよりも問題なのが以下の点。

「今まで正規購入していたユーザー」の一部が、不正アップロード作品に手を出し始めること。

 

価格の値上げは、利用者の懐に打撃を与えます。

 

「今までは1,000円程度だったから購入してたけど・・・うーん・・・」

「もういいか、知らん知らん。不正だろうがなんだろうが、無料の方がええわな」

このように、心情の変化をもたらす危険性が。

 

これにより製作者の収益はますます減少。

厳しくなり続ける一方の、経営状況・・・

 

「さらなる販売価格の値上げ」「コスト削減によるコンテンツの品質低下」

エロASMRを取り巻く状況が一変しない限り、こういった事態に陥ることが予想されます。

エロASMRコンテンツの衰退

「金をかけていい作品を作っても、収益に繋がらない」

製作者の苦労・努力が報われない、まさに地獄のような世界。

 

こうなってしまえば、モチベーションもクソもないでしょう。

この悪循環の先に待ち受けているのは、「エロASMRコンテンツの衰退」です。

対策はないの?

「音声データのダウンロード販売」がメインのエロASMR作品。

データを丸ごと配布しているわけですから、「不正アップロードの対象になりやすい」と言えるでしょう。

 

DLsite および FANZA といった大手プラットフォームでは、自動巡回による監視システムを実施。

不正アップロード作品を検知し、削除申請を送る体制を整えています。

 

ところが、FANZAではボイス作品はそもそも監視対象外。

DLsiteのシステムについての詳細は不明ですが・・・

 

「タイトル、およびサムネイルの偽装」

「音声データの改変」

 

こういった簡単な処置だけでも、システムの目を掻い潜れそうなものです。

 

結局のところ、コンテンツを潰すのはいつもユーザー。

 

悪質チーターのせいでプレイヤー離れが進んだゲーム、ありますよね?

「こいつらさえいなければ、もっと長いこと楽しめたのに・・・」

こんな風に感じたこと、一度や二度はあることでしょう。

 

エロASMRについても、同じようなことが言えます。

 

「不正アップロード作品」という、目先の欲に群がる数えきれないほどのユーザー。

その一人一人が少しずつ、しかし確実に。

エロASMR業界全体を苦しめ、葬ろうとしているのです。

 

大げさに聞こえるかもしれませんが、私はこれが現実だと本気で考えています。

 

それゆえ、声を大にして叫ばずにはいられません。

「PornhubでエロASMRを聴くのはよくないよ」と。

 

当サイトも結局は金儲けを目的とした、アダルトサイト。

社会的に認められることのない存在であると、重々承知しております。

 

しかし、「不正アップロード者」とは確実に異なる点がございます。

 

「法や規則に則り、誰にも恥じない振る舞い」

「作品の魅力を伝え、正規品の購入を促す」

重すぎる程の愛が、そこにあるのです。

 

なんか好きなんですよねえ・・・

エロVRやエロ漫画も嗜んでいますが、また違ったエロさがあって。

 

支離滅裂な長文、失礼いたしました。

本記事を最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました